光触媒加工とは(スマホ)

光触媒タイトル

アトリエマリカのレンタル作品は専用のスプレーを塗布し、抗菌・抗ウイルス対策のできる「光触媒加工」をしてお客様にお届けしております。

ご存知ない方も意外と多いかもしれませんが、東芝も光触媒の技術に注目し、という製品化(ルネキャット)しています。

東芝の光触媒スプレー

どんな効果があるの?

光触媒効果1


光触媒で得られる効果はさまざまあります。代表的なものとしては
以下の4つです。

[抗菌・抗ウイルス]
光触媒の強力な酸化力により細菌類やウィルス、花粉を死滅・分解します。

[消臭]
タバコ、ペット、アンモニア、排気ガスなど気になる悪臭を分解・除去します。

[防汚・防カビ]
表面に付着したカビなどの有機物を分解・除去します。また、表面についた油分を分解するので汚れを防ぎます。

[シックハウス症候群防止]
ホルムアルデヒドやダイオキシンを分解、除去します。

東芝の研究によると、食中毒の原因となる「黄色ブドウ球菌」や「腸管出血性大腸菌O157」「鳥インフルエンザウイルス」「緑膿菌」「肺炎桿菌」などで実験した結果、高い効果が確認されています。

光触媒実験結果

出典:東芝マテリアル株式会社ホームページ

どういう仕組みなの?

光触媒をさせる対象物(アートフラワー)に「酸化チタン」をスプレーで塗布します。すると、太陽や蛍光灯などの光を吸収し「酸化チタン」が空気中の「水・酸素」と化学反応を起こし「活性酸素」を発生させます。この「活性酸素」は、強い酸化力も持っており、付着した汚れ、臭い成分、細菌・ウイルスを分解します。太陽光や蛍光灯など、身の回りの光だけで光触媒できるので、環境にやさしい仕組になっています。特にメンテナンスの必要がないところもメリットとなっています。

 

光触媒の仕組み

光触媒の原料である酸化チタンは、化粧品や食品など食品添加物としても使用されています。酸化チタンは私たちの体内に入っても蓄積されることはありません。毒性やアレルギーなどの報告はなく、身体に安全なものです。身近なところでは、ホワイトチョコレートやチーズ、歯磨き粉の着色料などに使用されています。

どんな場所で使われているの?

あまり知られていませんが、光触媒は世の中のあらゆる場所で使用されています。
【空気浄化】アートフラワー・空気清浄機
【医療現場】手術室・カーテン
【道路関連】トンネル照明・遮音壁
【農業関連】残留農薬処理・養豚場防臭
【住宅関連】壁紙・天井材
【電化製品】冷蔵庫

この他にも水処理や土壌汚染処理など幅広く使用されています。

塗布した場所を洗い流したり、こすり落とさなければ、光のエネルギーがある以上いつまでも光触媒効果を持続することが可能です。

Copyright© 高級造花専門店 アトリエマリカ , 2021 All Rights Reserved.